【面接対策に】アルバイトに関するガクチカの想定質問と回答例一覧(例文&解説付き)

理系学生向け情報
スポンサーリンク

「ESのガクチカは完成したけど、面接で何を聞かれるか不安・・・・」

「面接前に想定される質問の対策をしておきたい!」

という就活生向けにガクチカに関する想定質問と回答例を一覧にしていきます。

今回は最も事例の多い「アルバイト」に関するガクチカ例文を元に、回答例をつくっていきますので

面接前の最終チェックやES作成時にご参考にしていただけると幸いです!

「サークル活動」にバージョンは下記の記事を参考にしてください!

【面接対策に】サークル活動に関するガクチカの想定質問と回答例一覧(例文と解説付き)

「ガクチカが完成していない」「ガクチカで何を書いたら良いかわからない・・・」というかたは下記の記事でガクチカを作成するための準備とテンプレートを紹介しているのでぜひご覧になってからこの記事を読んでみてください。

【ES対策】ガクチカを作るための準備手順について解説

【ES対策】文字数別(200字・300字・400字)のガクチカテンプレートを公開

スポンサーリンク

ガクチカの想定質問リストと回答例

ガクチカの例文〜アルバイト編〜

今回は、居酒屋のアルバイトの経験からリーダーシップをアピールする例文を参考に想定される質問と模範回答例を作っていきましょう。

就活生
私が最も頑張ったことは、居酒屋でのアルバイトでリーダーとして活動し、従業員の遅刻や欠席をゼロにしたことです。
私の店は従業員が常に遅刻や欠席などを繰り返している店で、リーダーとして状況を変えたいと思いました。
その原因を探るために他店に来店した際、私の店には従業員にとって働きやすい環境がなかったことに気付きました。
そこで私はアルバイト仲間に声をかけ、店を従業員にとって働きやすくするにはどうすべきかを話し合いました。
その結果、まず従業員同士のコミュニケーションが重要だという結論に至り、
あいさつを徹底し働きやすい環境を整えるために、週一回の振り返りミーティングを必ず行うなどしました。
その結果、従業員の遅刻・欠席を改善することができました。
この経験から、リーダーシップをとって自ら周りに働きかけ、課題を解決することの重要性を学びました。
この経験を貴社で活かしたいと思います。

想定される質問と模範回答例

質問① なぜこのアルバイトを始めようと思ったのですか?

回答例:理由は大きく二つあります。1つ目は「人と接することが好きだったこと」で、

2つ目は「人と人が楽しい場を共有できる居酒屋が好きだった」からです。

解説:この質問では、アルバイトを選んだきっかけを聞いていますので、基本的には素直に答えれば良いです。ただし、上記回答で「人と接することが好き」というだけでは、「居酒屋である必要はないよね?」と面接官は感じてしまいます。面接官は「”あえて居酒屋”でアルバイトを始めた理由」を尋ねているのです。そこを先読みしてそこの居酒屋でなければいけない理由を答えるか、居酒屋そのものを選んだ理由を付け足しておく必要がある点に注意しましょう。

スポンサーリンク

質問② なぜ「その課題が重要」だという結論に至ったのですか?

回答例:過去に発生した欠席・遅刻理由について当事者に聞いて周り、一つ一つ紙に書き出して全員で原因を整理した結果、その結論に至りました。欠席・遅刻した理由には、「シフトを忘れてしまっていた」「急用で欠席することになったが、他の人に代わりを頼み辛い」などさまざまな理由が出てきましたが、一つ一つの理由について「なぜそうなるのか?」というのをノートに書き出して、仲間と整理していくうちに、「店長とバイトとの連絡が気軽にできない」「アルバイト同士で気軽に情報をやり取りする状態になっていない」など、「友達や家族とは当たり前にしているようなコミュニケーション」ができていないということが共通の課題だと気づくことができました。

解説:まずは、結論を一言で答えましょう。その後、具体的にどうゆう行動をしたかを説明すれば良いのですが、ここで重要なのが「仲間と課題を解決した」というストーリーを混ぜましょう。理由は「リーダシップ」をアピールしたいということなので、貴方がリーダシップを発揮しているイメージを面接官に持ってもらうために仲間を巻き込んだ印象を与えるストーリにするのが良いです。

スポンサーリンク

質問③ 施策に対して、特に工夫した点はなんですか?

回答例:週1回の振り返りミーティングへ気軽に参加してもらえるような工夫を2つ行いました。当初は、振り返りミーティングを行っても、嫌々参加する仲間がいたり、本音で話をしてくれない仲間がいることに苦労したため、「参加してくれることに、感謝の気持ちを示し、相手を尊重して話を聞くことに徹すること」と「店長と掛け合って振り返りミーティングの際はまかないを食べながら話すなど、リラックスした雰囲気で行うこと」といった工夫を行いました。

解説:工夫した点は、人柄や個性が最も出やすいところなので正解はありませんが、面接官は「貴方がどのように考えて、どう工夫したのか?」を知ることで人間性を知ろうとしています。ここでは、リーダに必要な資質である「傾聴のスキル」をアピールすると良いでしょう。また細かいテクニックですが、「店長と掛け合って・・・」の文言を入れることで仲間を代表して店長と交渉する姿を面接官に印象付けることができます。

スポンサーリンク

質問④ この経験から学んだことを会社でどのように活かせますか?

回答例:「仲間と協力して課題を解決していくことの難しさ」を学ぶことができました。入社後は仲間に常に敬意を持って接しながら、傾聴の姿勢を心がけるなど、日頃から信用されるような行動を徹底したいと考えています。

解説:面接官はこの質問を通じて、「貴方が実際に入社してから働いているところをイメージできるか」をみています。なので元々アピールしたかった「リーダシップ」に対してあなたというリーダが実際に入社した場合にどのような行動をするかイメージさせることが重要です。一つ前までの質問から逸脱しないよう一貫性のある回答を心がけましょう。

スポンサーリンク