【ES対策】文字数別(200字・300字・400字)のガクチカテンプレートを公開

理系学生向け情報
スポンサーリンク

今回は、就活生なら誰でも悩むESの質問項目「学生時代に力を入れたことは?」に対する文字数別のテンプレートを文字数別にまとめました。

これから就活やインターンシップへの参加を検討している学生さんはぜひ参考にしていただけると幸いです。

まだ志望先の企業のESが何文字かわからない場合は、400文字のガクチカから作ることをおすすめします。最初に400文字のガクチカを作っておけば、200文字、300文字のパターンは、不要な文章を削っていくことで書くことができるので、時間短縮にも繋がります。

エピソードがまだ決まっていない方は、下記の記事を参考にしてまずは、エピソードの選定を行いましょう。

【ES対策】ガクチカを作るための準備手順について解説

文字数別ガクチカテンプレートを公開

ガクチカで重要なこと

ガクチカを書く前に重要なことを理解しておきましょう。

ガクチカはすごい実績や誰にも真似できないような経験である必要はないです。

大切なことは「論理的で再現性のある手法で工夫をしながら、目標に向かって努力した経験」を簡潔 に説明できるか?ということです。

面接官は、学生時代の目標に向かって努力をした経験を活かして、入社後も目標を達成できる人物かどうか?を見たいと考えています。

質問の意図を理解した上で、これから紹介するテンプレートを参考に、早速ガクチカを完成させて行きましょう。

スポンサーリンク

【200文字】ガクチカテンプレ

200文字テンプレ

・結論 を伝える : 私は【役割】として、【目標】実現するため、【やったこと】に注力しました。

・課題の説明 : 当初は、〜〜ができず (足りず)、〇〇に苦戦しました。

・課題への対応 : そこで、〇〇を行いました。具体的には、〜〜

・結果どうなったか:結果、〇〇することに成功し、〇〇を実現しました。

スポンサーリンク

200文字では詳細のアピールは難しい!簡潔に必要な情報だけでまとめよう

200文字のガクチカでアピールするのはなかなか難しいです。200文字の場合は、事実ベースで簡潔に必要な情報だけ記載するように心がけましょう。

アピールしたい部分や詳細で説明したい部分については面接時に補足するなどしてうまく乗り切りましょう。

スポンサーリンク

【300文字】ガクチカテンプレ

300文字テンプレ

・結論 を伝える : 私は【学生時代に頑張った行動事実】に没頭しました。

・背景の説明 : 〇〇時代に〜を始め、【目標】の達成を目指しました。

・課題の説明 : 当初は、〇〇がうまくいかず、△△が課題となっていました。

・課題への対応 : 【課題を解決するための】施策を◯つを行いました。1つ目は〜。2つ目は〜。

・結果どうなったか: 結果、【目標】を達成することができました。

・学んだこと : この経験から〜〜の大切さを学ぶことができました。

スポンサーリンク

300文字の場合は、目標に取り組んだ背景を説明しよう

200文字と違い、300文字の場合は、「なぜその目標に取り組んだのか?」についてもしっかり説明しましょう。学んだことについては文字数が余っていればで良いです。

ガクチカでよく聞かれるのは、「なぜその目標に対して取り組んだのか?」「その目標には、なぜ貴方が取り組む必要があったのですか?」の二点です。よくあるのが、「なぜ取り組む必要があったのか?貴方以外の人が取り組むのではダメなのか」という質問にうまく答えられない学生さんです。

事前にしっかり準備を行っておきましょう。

スポンサーリンク

【400文字】ガクチカテンプレ

400文字テンプレ

・結論 を伝える : 私は【学生時代に頑張った行動事実】に没頭し、【目標】を達成しました。

・背景の説明 : 〇〇時代に【貴方の役割】を担い、【きっかけとなる行動】を始めました。

・目標の設定 : そこで〜〜に気づいたため【目標】を掲げました。

・課題の説明 : 〇〇を分析することで、【課題の内容】が課題と把握することができたため

・課題への対応 : 【課題を解決するための】施策を◯つを行いました。1つ目は〜。2つ目は〜。

・結果どうなったか: 結果、【目標】を達成することができました。

・学んだこと : この経験から〜〜の大切さを学ぶことができました。

スポンサーリンク

400文字のガクチカは就活生は必ず作ろう

就活生は、まず400文字のガクチカから作りましょう。400文字のガクチカエピソードを作ることで、優先度の低い文章を削っていくことで300文字、200文字のガクチカを作ることができます。

400文字のガクチカを作るには、学生時代力を入れた内容について、事前に深く分析しておく必要があります。

なぜそれに取り組んだのか?

なぜ貴方が実施する必要があったのか?

なぜそれが課題と考えたのか?

なぜそれが有効な解決策(対策)となるのか?

そこから何を学べたか?

ガクチカを作ったら、上記の質問に全て答えられることを自分で最低限確認しておきましょう。

上記質問に答えられない場合は、400文字で書き上げることは難しいと考えた方が良いです。

スポンサーリンク