【面接準備】面接前の食事の注意点とおすすめの食べ物

理系学生向け情報

今回は、面接前の食べ物に関する注意点とおすすめの食べ物について解説します。

「面接前に食べてはいけない食べ物」や「力を発揮しやすい食べ物」について知りたい就活生に向けて、注意点とおすすめの食べ物についてご紹介します。

この記事を面接日当日までに読んでおけば、面接直前になって食事で悩むことはなくなるでしょう。

面接前に下記の記事も読んでよくと通過率UPするのでお時間があればぜひみてみてください。

【現役リクルータが解説】リクルータが採用しない学生の特徴5選(事例あり)

スポンサーリンク

面接前の食事の注意点

注意点1 食べる量

「何を食べるか」について考える方は多いと思いますが、意外と盲点なのが「食べる量」です。

食べる量は腹八分目にしておきましょう。

食べすぎると、消化にエネルギーを消費してしまうため、脳の活動が低下してしまいます。よく昼ごはんを食べた後に眠たくなる経験はありませんか?これは、消化にエネルギーを使うため、脳に回せるエネルギーが少なくなることによって起きる生理現象です。

一方で、「全く食べない」というのも脳の活動にエネルギーが使えなくなってしまうため良くないです。

面接直前は、過度な空腹や満腹を避けておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

注意点2 臭い

面接で一番に考えるべきなのは、面接官にできるだけよい印象を与えることです。であれば、少なくても不快感を与えないように万全の配慮をすることが重要となります。

面接時に口や衣服から臭いが出てしまうような食事は避けることをおすすめします。

口臭を防ぐためには、ネギやニラ、ニンニクの入った食事はさけた方が良いです。朝ごはんは、毎朝ネギ入りの納豆を食べる方は注意が必要です。

万が一、食べてしまった場合は、面接直前に食べた場合はリンゴジュース、前日に食べた場合は牛乳を飲むと口臭を消す効果があるので、試してみると良いでしょう。

また、意外と盲点ですが、衣服の臭いは直前でなかなか消すことが難しいので注意が必要です。焼肉やラーメンなどの店内の匂いが衣服に染み付いてしまうような食事は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

注意点3 衣服の汚れ

昨今は、面接時の服装もカジュアルでも許される企業も増えてきましたが、まだまだリクルートスーツを着なければいけない企業も多いため、白シャツに万が一でも汚れがつかないように注意しましょう。

例えば、汁が飛びやすい麺類や、油が跳ねてしまう鉄板のハンバーグや焼肉などは避けておいた方が無難といえます。

もし衣服が汚れてしまった場合は、下記サイトなど参考にしていただいて対処することをおすすめします。

参考:外出中の汚れにはこれ!あると便利なシミ抜きの応急処置アイテム5選

スポンサーリンク

面接前におすすめの食べ物

リラックスして緊張を緩和する食べ物

緊張を緩和するには、あがり克服作用をもつ、セロトニンやトリプトファンを多く摂取できる食べものがおすすめです。

例えば、精神状態を静め、適度なリラックス状態を生む豆腐や、リラックス効果のあるセロトニンを増やす効果のあるトリプトファンを含むチーズがおすすめです。

豆腐は消化も良く、味もないのでいろんな食材と相性が良く、おまけに腹持ちも良いので面接前の食事としては最強と言っても良いでしょう。

とはいえ、豆腐はなかなか外食で食べるというのは難しい気がするので、牛丼屋さんなどでチーズ牛丼などを食べるのがおすすめです。実は、牛肉にもセロトニンが含まれるので、すき家のチーズ牛丼などは金額的にも栄養的にも就活生にとって最強と言えるのではないでしょうか。

飲み物で言うと、ココアがおすすめです。ココアに含まれるテオプロミンという成分が自立神経を整えリラックス状態を維持位してくれます。

スポンサーリンク

脳の働きを良くして、頭の回転をよくする食べ物

脳の働きをよくするためには脳のエネルギーとなる栄養素のブドウ糖と糖をエネルギーに変換するビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸が重要です。

これらの栄養素を含む食べ物としては、豚肉や大豆などの穀物類、レバーや魚卵、貝類などがおすすめです。

ニンニクも多く含むのですが、面接前ということを考えると避けた方が良いでしょう。

面接直前に限定するのであれば、リラックス効果のある豆腐や豚肉を使った料理が良いでしょう。

また手軽にブドウ糖を摂取したい場合は、バナナやラムネがおすすめです。面接直前に小腹が空いた際に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

精神を安定させ、やる気を出す食べ物

精神を安定させたり、やる気を出すためには、神経伝達物質の一つであるノルアドレナリンを合成できる食べ物を食べるようにしましょう。

ノルアドレナリンを合成するにはチロシンと呼ばれるアミノ酸が必要です。

チロシンが含まれる食べ物としては、納豆やアーモンド、カシューナッツなどのナッツ類がおすすめです。

納豆などはなかなか面接前に食べることは難しいと思うのでコンビニなどでナッツを購入しておいて、直前に食べるとすると良いでしょう。

コンビニ3社のミックスナッツを比較した記事を書いているサイトがありましたので参考に載せておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク