【職場の安全対策に】アンモニアを取り扱う作業場における必要最低限な保護具4つ

アンモニアについて

今回は、アンモニアを取り扱う職場や作業場で必要最低限揃えた方が良い安全対策グッズについてご紹介したいと思います。

この記事を読めば、新しくアンモニア設備を導入したり、アンモニアを使った実験を行いたい大学や企業の職場で使えるアンモニア特有の安全対策グッズを知ることができます。

実際にアンモニアを使った実験を行っている私が、職場でも使用している安全対策備品と選び方の注意点について解説していきます。

アンモニアの安全対策の基本は、触れない・嗅がないこと

アンモニアの安全対策を考える場合、基本的な考え方は

少量のアンモニアも人体には触れさせない

ということです。少量だからといって侮ってはいけません。

アンモニアがなぜ人体に危険なのか?またどれくらいの濃度でどの程度の被害が出るかを知りたい方は下記の記事で解説しているのでぜひ読んでみてください。

【作業場・職場の安全対策の参考に】大気中のアンモニアNH3許容濃度

アンモニアを取り扱う作業場で最低限必要な安全対策グッズ4つと選定ポイント

①保護ゴーグル

保護ゴーグルが必要な理由

保護ゴーグルは、目の保護に使用します。アンモニアは拡散性が高い(空間中にすぐ広がるイメージ)ため、扱っているものが気体だろうが、液体だろうがアンモニアはすぐガスとなって空気中に拡散します。

そのため、どれだけ最新の注意を払って扱っていてもアンモニアの近くで作業をしている限り、アンモニアがいつ、どのタイミングで目の粘膜に入るかはわからないため、作業時はゴーグルの着用が必須となります。

ミドリ安全 保護ゴーグル VG-501F がおすすめ!

おすすめは、ミドリ安全が出している保護ゴーグルです。

ミドリ安全が出している安全対策グッズは製造業の方なら馴染み深いのではないでしょうか。

↓下記のバナーから楽天市場で簡単に購入できます。

ミドリ安全 保護ゴーグル VG−501F

価格:2,218円
(2022/3/12 12:02時点)
感想(0件)

選定時のポイント

私がご紹介しているものでなくても問題はないですが、

メガネタイプ(目とグラスの間に隙間があるタイプ)の保護メガネは使用しないでください。

アンモニアガスや液体が目とグラスの間の隙間を通って、目の粘膜に接触する可能性があります。

②防毒マスク

防毒マスクが必要な理由

防毒マスクが必要になるのは基本的に異常作業時となります。アンモニアの濃度がかなり高い状況でどうしても一時的な作業が避けられない場合、防毒マスクなしで作業を行えば、最悪の場合、命に危険が及ぶ可能性があります。

呼吸困難や口腔内の熱傷や損傷にならないためにも万が一のことを考えて、防毒マスクを準備しておきましょう。

防毒マスク 興研 R-5 がおすすめ!

おすすめは、興研の防毒マスクR-5です。

こちらは、吸収缶と呼ばれる有害なガスを吸収するフィルターのようなものを取り付けて使用します。

興研のマスクをおすすめしている理由は、アンモニア以外の有機ガス、酸性ガス、硫化水素などの吸収缶にも使えるためです。

アンモニアしかいらないという場合は、アンモニアの吸収缶のみ購入して頂ければ良いですが、もし他にも有害ガスを使用する職場や作業場の場合は、他の吸収缶も購入しておくことで様々なガス用途に対応することができます。

↓下記のバナーから防毒マスクと吸収缶を楽天市場で簡単に購入できます。

防毒マスク 興研 R-5

価格:1,815円
(2022/3/12 12:08時点)
感想(1件)

興研 防毒マスク 吸収缶 アンモニア (H) 粉塵 用 KGC-1型L 長時間 タイプ 1個

価格:557円
(2022/3/12 12:24時点)
感想(0件)

選定時のポイント

選定時のポイントは特にないのですが、注意点として重要なことは

吸収缶の消費期限を確認しておくこと

です。吸収缶内部の吸収剤には消費期限があるため、定期的に購入し、期限が切れたものは廃棄するといった管理が必要になります。

③耐アルカリ薬品手袋

耐薬品手袋が必要な理由

薬品を扱う際は、手袋を着用するというのは、理系のみなさまであれば特に理由を説明しなくても常識だと思います。アンモニアが手に触れた場合、触れた箇所が傷害となる可能性もありますし、何よりアンモニアをふれた手で食べ物に触れたり、目を擦ったりしてしまった場合は、呼吸不全や失明に繋がる可能性があります。

これはアンモニアに限った話ではありませんが、薬品を取り扱う際には耐薬品手袋を確実に着用するようにしましょう。

ハナキゴム 工業用手袋 ハナローブ No.436 グリーンがおすすめ!

こちらは、幅広い用途に使える天然ゴムラテックス製の安全保護手袋となっています。中・低濃度の酸・アルカリ等、広範囲の一般化学薬品を取扱う化学防護用手袋として一般的なものとなっているため、アンモニア以外の薬品用途でも使用できるJIS T8116適合品です。

25%アンモニア水の実用適性でアンモニアの作業時に安全です。

↓下記のバナーから楽天市場で簡単に購入できます。

ハナキゴム 工業用手袋 ハナローブ No.436 グリーン 【1双入】 幅広い用途に使える天然ゴムラテックス製の安全保護手袋です。 耐油手袋 耐薬品手袋 ゴム手袋 作業手袋 rev

価格:2,190円
(2022/3/12 12:46時点)
感想(9件)

選定時のポイント

今回紹介した商品については問題ないですが、耐薬品手袋を購入する場合は、必ず使用する薬品に耐性があるかをきちんと確認してから購入、使用をしてください。

また、JIS規格などの規格品を選ぶとさらに安全です。

④化学物質関係標識 アンモニア

化学物質関係標識が必要な理由

実は、労働安全衛生法で決まった化学物質を使用・貯蔵する職場においては、労働者に有害性などの情報を常に見やすい位置に掲示しておく義務が事業者にあります。

つまり、アンモニアを取り扱う職場においては、アンモニアの有害性や取り扱い上の注意点が記載されている標識を見やすい位置に常に掲示しておく必要があるということです。

化学物質関係標識 アンモニア 特38-301 を買って掲示しておけばOK!

記載が必要な内容については、法律で定められているため、決まった掲示物を購入、掲示しておけば問題ないです。化学物質関係標識については、中身は変わらないため購入する人の好みで購入すれば良いでしょう。

↓下記バナーから化学物質関係標識を購入することができます。

緑十字 化学物質関係標識 アンモニア 特38−301 450×600mm エンビ 035301 ▼824-7976 (株)日本緑十字社【代引決済不可】

価格:1,553円
(2022/3/12 13:00時点)
感想(0件)

スポンサーリンク