【2021年10月最新】利益率驚異の29%!北の達人(2930)の株価分析

投資銘柄情報

北の達人の事業:健康美容品に特化の「北の快適工房」を運営するEコマース企業

北の達人の企業概要

  • 会社名: 北の達人コーポレーション
  • 代表者:代表取締役社長 木下 勝寿
  • 設立:2002年5月(創立2000年5月)
  • 資本金:2億7399万円(2021年9月30日現在)
  • 従業員数:215名(2021年9月30日現在)

北の達人の事業:徹底したマーケティングによる商品力✖️広告で高利益率を誇るEC事業!

北の達人は自社の運営するECサイト「北の快適工房」で化粧品や健康食品に特化した商品を取り扱っています。従業員数が200名程度でありながらも、売上高は100億円を超え、東証一部に上場を果たすなど成長がめざましい企業の一つです。北の達人の特徴はなんといっても、そのマーケティング戦略です。「目立つことが広告の役割ではない」という考えでターゲットに絞った宣伝を徹底します。絞ったターゲットのみに宣伝し、競合を発生させずに勝つマーケティング手法で売上を伸ばし、利益率29%という驚異的な利益率を実現しています。もう一つの特徴が、ファブレスであるということです。自社はマーケティングや商品の企画に注力し、生産は得意な企業にOEMすることで利益を最大化しています。下の図は、公式サイトに掲載されている北の達人のビジネスモデルを説明した図になっています。

*北の達人公式HPより引用 https://www.kitanotatsujin.com/business/content/
スポンサーリンク

北の達人の業績:売上高前年比-8%も、営業利益率21%超!より強力な組織へ投資

売上高:2021年度は前年比8%減も成長のための布石

2020年度までは破竹の勢いで売上を伸ばしています。2021年度は売上を8%ほど落としましたが、社内のマーケティング部と商品開発部門の強化にリソースを割いたことで売上が低下しています。マーケティング部門では、アフィリエイトの強化やAmazonや楽天市場などのECモールでの販売にも注力し、商品開発部門では、1つの商品で50~100億円以上の売上を狙うことのできるマスマーケット商品の開発に着手することで将来の成長に備えるための準備は万端のようです。
ちなみに、2022年度は過去最高の売上高を予想しています。

*北の達人公式HPより引用 https://www.kitanotatsujin.com/ir/highlight/#anc_01
*北の達人決算資料より引用 https://www.kitanotatsujin.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/rep_20210422b.pdf
スポンサーリンク

営業利益:2021年度も利益率21%以上高利益率!

2020年度までの営業利益はかなり順調な推移で来ています。なかなか目にすることのできない成長率です。2021年度は売上高が低下したこともあり減少していますが、それでも利益率は21%を超えており、ビジネスモデルとしてはかなり優秀と言えるのではないでしょうか。

*北の達人公式HPより引用 https://www.kitanotatsujin.com/ir/highlight/#anc_01
スポンサーリンク

北の達人の株価トレンド:業績と裏腹に減少トレンド

短・中期の株価トレンドは下降トレンドにあるようです。好調な業績とは裏腹に株価は下降トレンドに入っています。現在の株価を底値にして上昇トレンドに変わっていくことを期待したくなるトレンドではあります。

スポンサーリンク

総合評価:★3つ!安いうちにコツコツ買い続けたい銘柄!

総合評価:★★★

ファンダメンタル:★★★

テクニカル:★☆☆

安定性:★★☆

将来性:★★★

2021年度は売上・利益ともに減少しましたが、利益率は相変わらず高い水準で、ROE29%と驚異的な高さを未だ保っていることや、2022年度が過去最高の売上を予想するなど業績は全く問題ないです。一方で、唯一の懸念としては株価のトレンドがあまり魅力的ではないところです。今後の将来性に期待し、コツコツと買い続けていきたい銘柄として★3つとしています。

スポンサーリンク