[最新] 大成建設の業績と今後の株価予想について徹底解説

投資銘柄情報
スポンサーリンク

大成建設はスーパーゼネコンの1社

ゼネコンとはゼネラルコントラクターと呼ばれ、建築工事や土木工事の全てを一括で請負い、工事全体を取りまとめる役を担う企業です。今回はその中でもスーパゼネコンと呼ばれる5社の1つである、大成建設の事業内容と業績、今後の株価について解説していきます。

大成建設は2019年度売上高で業界NO.2!スーパゼネコン唯一の非同族経営!

スーパゼネコンの中でも大成建設は2019年度の売上高NO.2に位置しています。そんま大成建設の特徴はやはり「非同族経営」といったことです。他4社のスーパゼネコンは全て同族経営です。同族経営も悪いところばかりではないですが、やはり非同族経営の場合に比べると社内の風通しが悪い点がデメリットとしてはよく上がります。実際に私が就活の際に、大成建設の企業HPを確認した時の新入社員の声にも、社内をどんどん改善していく風土、活発に意見を交換できるような環境があることを感じさせる記載があったことが印象的でした。

スポンサーリンク

大成建設の業績は黒字で推移しているが、営業利益が思うように伸びない・・・

大成建設の2020年の売上高はやや減少していますが、2021年度の業績は前年度に比べて1600億円ほど増加する見通しとなっているようです。一方で、売上総利益は2020年度の減少に引き続き、2021年度も前年度比で320億円程度減少する見通しとなっているようです。

受注は堅調なようですが、何重にもなった下請構造を持つ建築業界では経営上非効率な部分も多く、利益を逼迫してしまっている点は以前から有識者の間ではよく問題となっており、改めてそれが露呈した形となっているようです。これは全てのゼネコンに共通した問題といえそうですね。

*2020年度大成建設決算報告資料より引用 https://ssl4.eir-parts.net/doc/1801/ir_material_for_fiscal_ym/100123/00.pdf
スポンサーリンク

短・中期トレンドは緩やかな下降トレンド

9/30の終値時点で短・中期の株価推移を見ると、緩やかな下降トレンドを描いているように見えます。特に、下図の青の直線で囲まれた部分を上下して段々とその幅が狭まっているように見えます。

出来高も徐々に減っているように見えるので、トレンドとしては下降トレンドと言えるでしょう。

一方でこのように徐々に幅が狭まりながら収束する場合、何かの弾みで一気に上に突き抜けたり、下に突き抜けたりした場合は注意が必要です。現在はMACDもRSIも特に動きはなさそうですが、すでに株をお持ちの方は動向を常に注意しておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

今後の株価予想

短・中期の株価を予想するのに私がよく使用するのはPERです。

9/30終値時点でのスーパゼネコン各社のPERは基準である15倍に比べて低い状態にあることや、PBRについても全社が基準である1を切っています。建築業界全体がファンダメンタル的には株価が安い傾向にあることがわかります。

その中でも大成建設はどうかというと、PERもPBRも大林組、清水建設、鹿島建設に比べて高い傾向にありますので、全体的に株価が安い建築業界の中では、比較的株価は高い傾向と言えるでしょう。

株価のトレンドも緩やかな減少傾向。利益率の改善がなかなかむずかしそうな建築業界の中でも、ファンダメンタル的に株価が高い傾向にあることから、株価の大幅な値上がりは期待できないと予想します。

スポンサーリンク
PER(2021/9/30時点)PBR(2021/9/30時点)
大林組9.320.71
大成建設11.760.90
清水建設11.030.80
鹿島建設9.070.81
竹中工務店上場していない上場していない
スポンサーリンク