[くら寿司をお得に食べる!] くら寿司の今後の株価予想と株主優待のもらい方・投資必要金額について解説!

投資銘柄情報
スポンサーリンク

くら寿司は面白い工夫で売上高業界第2位!

くら寿司といえば、回っている皿にプラスチック製の蓋「鮮度くん」を載せていたり、5枚集めるとガチャポンが引ける独自のシステムで回転寿司チェーンの中でも異彩を放つ存在だと思います。そんなくら寿司ですが、実は回転寿司業界では2020-2021年の売上はスシローに次いで業界第2位に位置しており、売上高3位のかっぱ寿司とは、2倍程度の差をつけて単独2位のポジションを取っています。今回はそんなくら寿司の今後の株価と株主優待についてみてみましょう。

スポンサーリンク

くら寿司はコロナ禍で赤字へ。21年10月期は黒字転換予想!

売上高はほぼ横ばいですが、2020年10月期(=25期)は経常利益がかなり低下しているようです。また、最終的な純利益については赤字を計上しており苦しい状況です。

*くら寿司株式会社 2020年10月期 年次報告書より引用 (25期=2020年10月期)

主に販管費などの項目が利益を圧迫したことや、アメリカ事業の赤字が響いているようです。現在、くら寿司は積極的に海外展開を進めていて、台湾に29店舗・アメリカ25店舗(2020年9月時点)展開していますが、こちらも苦戦しているようです。やはり新型コロナウイルス蔓延防止のための外出自粛の気運が影響しているものと思われます。

スポンサーリンク

短期トレンドは上昇トレンドから下降トレンドに変わった?

短・中期トレンドはこれまで下図のような下値抵抗線を持つ上昇トレンドに見えましたが、直近ではこの抵抗ラインを抜けたように見えます。すぐに回復してくれれば良いですが、このままトレンドラインを割った状態が続くと擦れば、減少トレンドが続く可能性があります。

スポンサーリンク

くら寿司の今後の株価は?

今後の株価が上昇するかを短・中期的に確認するために競合他社とPERを見比べてみると、回転寿司業界の中ではずば抜けて高いです。業界首位のスシローと比較しても圧倒的に高いことを考えると、短期的には下降トレンドになることが予想できそうです。

寿司業界企業PER(9/24終値時点)
FOOD &LIFE CAMPANIES(スシロー)47.71倍
くら寿司108.7倍
カッパ・クリエイト47.8倍
元気寿司18.7倍

中・長期の株価の予測するため、PBRも確認してみましょう。PBRは他の回転寿司チェーンに比べても、意外にも低いようです。PERは高かったので、保有している資産が多いことが予想できます。とはいえ、外食産業全体でみるとPBRもそこまで低くないので株価の上昇は期待できない可能性が高そうですね。

寿司業界企業PBR(9/24終値時点)
FOOD &LIFE CAMPANIES(スシロー)9.9倍
くら寿司3.6倍
カッパ・クリエイト6.4倍
元気寿司3.0倍
スポンサーリンク

くら寿司の株主優待は、約45万円の投資金額でもらえる!100株購入で、年間5000円相当のくら寿司優待券をもらえる

くら寿司の株主優待をもらうには、100株以上購入する必要があります。最近の株価を考慮すると投資必要金額は約45万円程度あればもらうことができる計算です。権利確定月は4月のみなのでそれまでに株を購入しておきましょう。

株主優待がもらえるのは7月の1回で、5000円相当の優待券がもらえるので約45万円の投資で5000円相当のリターンを得ることがでます。利回りで考えると約0.13%と優待の還元率が低いのが気になります。

スポンサーリンク

まとめ:とりあえず様子見。優待目的ならもっと還元率の良い企業の方が◎

投資金額が約45万円で年間5000円相当の優待券をもらえるため、優待利回りが約0.13%と還元率が低いです。今購入しても株価の上昇確率も低そうなので、回転寿司チェーンの優待券が欲しくて購入する場合は、他の回転寿司チェーンが良さそうです。権利確定月は4月なので、ちょっと様子見することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク