[かっぱ寿司の株主優待券をもらおう!] かっぱ寿司の今後の株価予想と株主優待のもらい方・投資金額について解説!

投資銘柄情報
スポンサーリンク

「かっぱ寿司を運営するのはカッパ・クリエイト株式会社

みなさんお馴染み「かっぱ寿司」を運営しているのはカッパ・クリエイト株式会社という企業です。2020-2021年の売上高でみると 、回転寿司チェーンの中ではスシローとくら寿司に次ぐ、業界第3位の立ち位置です。かつては、業界首位でしたが、現在はスシローやくら寿司に抜かれています。

スポンサーリンク

かっぱ寿司の業績は赤字続きだが、2022年3月期は黒字転換予想!

売上高はほぼ横ばいです。本業の儲けを示す営業利益は21年3月期は赤字になっているのはあまり良い傾向とは思えません。また最終的な利益である当期利益は20年3月期、21年3月期は赤字となっています。

しかし、2022年3月期は黒字転換予想となっているので、今後の業績に期待しましょう。しかし、新型コロナウイルスの猛威が続く中、どこまで予想通りに利益を計上できるかは不透明な部分が多いですね。

*株予報HPより引用 https://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?id=100&action=tp1&sa=report&bcode=7421
スポンサーリンク

カッパ・クリエイトの株価は長期的に上昇トレンドだが・・・短期は傾向掴みにくい。テクニカル分析だけで買い時の判断難そう。

長期トレンドをみると2020年までは順調に右肩あがりの上昇トレンドの株価推移となっています。2020年に大きな暴落がありますがその後は元の長期上昇トレンドに戻りつつあるように見えますね。

短期的には減少トレンドを形成しているように見えますが、なかなか傾向の掴みづらい推移となっています。かっぱ寿司はテクニカル分析だけでは買い時を掴むのは難しい株のようです。

スポンサーリンク

カッパ・クリエイトの今後の株価は?

今後の株価が上昇するかを短・中期的に確認するために競合他社とPERを見比べてみると、回転寿司業界の中ではスシローと並んでいます。もし、PERで予想するのであればどちらかというとスシローや元気寿司の株を買いたくなります。よって、短・中期では何もしない「ステイ」が良いと思います。

寿司業界企業PER(9/22終値時点)
FOOD &LIFE CAMPANIES(スシロー)45倍
くら寿司104倍
カッパ・クリエイト47倍
元気寿司18倍

中・長期の株価の予測するため、PBRも確認してみましょう。PBRはスシローに次いで高いです。業績がより良い、くら寿司や元気寿司はカッパ・クリエイトのおよそ半分であることを考えると、長期的にも今の株価は安値とはいえない状況です。

寿司業界企業PBR(9/22終値時点)
FOOD &LIFE CAMPANIES(スシロー)9.4倍
くら寿司3.5倍
カッパ・クリエイト6.3倍
元気寿司2.9倍
スポンサーリンク

株価の値上がりはあまり期待できなさそうですが、値幅が小さいことや長期トレンドでは上昇トレンドにあるように見えるので優待目的の保有であればいいと思います。

カッパ・クリエイトの株主優待は、約15万円の投資金額でもらえる!しかも、かっぱ寿司以外にも焼肉・カラオケ・カフェなどでも使用可能で還元率も高い

カッパ・クリエイトの株主優待をもらうには、カッパ・クリエイトの株を100株以上購入する必要があります。最近の株価を考慮すると投資必要金額は約15万円程度あればもらうことができる計算です。権利確定月は3月・9月なのでそれまでに株を購入しておきましょう。

カッパ・クリエイトの株主優待はコロワイドグループで使えるポイントとしてもらえます。つまりはかっぱ寿司だけではなく、大手飲食グループ「コロワイドグループ」のほとんどの飲食店で使用することが可能です。コロワイドグループの運営する飲食店はかなり種類や店舗数があるのでとても魅力的と言えるでしょう。居酒屋甘太郎やカルビ大将、がんこ炎&がんこ亭などの有名店をはじめ、カフェや回転寿司にぎりの徳兵衛でも利用可能です。

株主優待がもらえるのは6月と12月の2回で、1回あたり3000円相当のポイントがもらえるので約15万円の投資で6000円相当のリターンを得ることができます。利回りで考えると約4%とかなり還元率が高くお得と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:優待利回り約4%と外食の多い方には魅力的。長期保有で持ってみるのは○

株価の上昇は今のところあまり期待できなさそうですが、投資金額が約15万円で年間6000円相当のポイントをもらえるため、優待利回りが約4%と還元率の高さはとても魅力的です。一方で業績も現在そこまで良くない上に、来期は黒字転換予想出しているため、これ以上株価が下がるリスクは低いと考えられるので低リスクで優待ポイントがもらえると考えればお得と言えそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク