[株価上昇ほぼ確実か!?] ついに任天堂が日経225に採用!

管理人の日常

任天堂が日経平均株価の構成銘柄に採用!

投資をしている人であれば必ず毎日確認する経済指標の代表格が日経平均株価(日経225)です。日経平均株価とは、簡単にいえば日本を代表する企業225社の株価をうまいこと平均化した数字です。日本の代表的な企業の株価を反映しているため、単純に考えると日経平均株価が上がっていれば日本の株式相場は全体的に好調、逆に下がっていれば不調といった見方をすることができる指標です。詳しくは下記の記事で説明していますので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

日経平均株価は毎年、構成する銘柄を入れ替えるのですが、今回の入れ替えでは、タイトルの通り10/1の算出より任天堂が採用されると9/6に報道がありました。他にも、キーエンスや村田製作所が採用されるようです。一方で、日清紡ホールディングス、東洋製缶グループホールディングス、スカパーJSATホールディングスが除外されることが決定しました。

日経平均株価に採用されると株価が上昇する可能性が高い!

日経平均株価に採用されると、証券会社や金融機関が販売している投資信託やインデックスファンドなどの中身に半ば強制的に組み込まれるため、価格が上昇しやすくなると言われています。

任天堂の株はこれから積極的に買われそう

証券会社や金融機関などは金融商品の運用利回り(どれだけ株価が上昇したか?)をなるべく効率的に上げたいため、日経225の銘柄の中でも安い株価の銘柄を探して購入します。任天堂の直近1年間の株価を見てみると、2021年9月6日時点で55,140円となっていますが、最高値は2021年2月15日の69,830円とかなり安い状況なのでこれから買われやすいと推測できます。

Switchも好調なので不安要素少ない任天堂を買いたい

コロナ禍のステイホームもあり、Nintendo Switchの売れ行きも好調な上、日経平均株価に採用された任天堂は向かうところ敵なしのように感じます♪良い機会なので、私も購入を検討してみようかと思います。

スポンサーリンク