カーボンニュートラルでアンモニアが注目される理由を簡単に解説

管理人の日常
スポンサーリンク

今、世界中で環境問題に対する意識が高まっています。世の中の流れに乗って、日本の菅首相も2020年10月に「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロとする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と発言したことで、「カーボンニュートラル」と言う言葉を急に聞くようになったのではないでしょうか?今回はカーボンニュートラルの技術の中でも特にみなさんが聞きなれていないアンモニアについて簡単に解説したいと思います。

まずはカーボンニュートラルの考え方を簡単に知っておこう

温室効果ガス(ここではざっくりCO2とします)の排出を全体でゼロにするとはどうゆうことか簡単に説明すると

「CO2をなるべく出さないようにしましょう。どうしても排出する場合は、出てきたCO2は再利用しましょう。」

と言うことです。少し乱暴ではありますがざっくりこんなイメージでいいでしょう。ではなぜカーボンニュートラルでアンモニアが注目されるのでしょうか?

スポンサーリンク

カーボンニュートラル達成するためには、排出されるCO2を減らすことが重要

CO2の排出を全体でゼロにするには、

CO2排出量 ー CO2吸収量 = 0

になっている必要があります。そこでカーボンニュートラル達成に向けて重要な考え方は二つあります。1つはCO2排出量を減らす。もう一つはCO2吸収量(再利用量)を増やす。このどちらも実現しなければカーボンニュートラルは達成できません。よくあまり詳しくない人がしている誤解は、

「CO2を全く出さない(すなわち排出ゼロ)を目指すことがカーボンニュートラルなんだ」

と言うことです。排出を全くゼロできればもちろん良いことですが現実的に厳しいので「全体でゼロ」と言う考え方になっています。

*環境省公式HPより引用 https://ondankataisaku.env.go.jp/carbon_neutral/about/
スポンサーリンク

日本で排出されるCO2の約40%は火力発電から・・・

2019年に環境省が出した報告書によると日本におけるCO2排出量のうち、火力発電が40%の割合を占めています。とはいえ、原発は安全性に課題があるし、水力は立地の問題がある、再生エネルギーの普及もまだ時間がかかりそう・・・との考え方から簡単には火力発電を止めることはできない現状にあります。

*中国電力公式HPより引用 https://www.energia.co.jp/kids/kids-ene/learn/environment/co2.html
スポンサーリンク

燃やしてもCO2を出さない燃料(アンモニア)で発電すれば良い

ここでようやくアンモニアが登場します。アンモニアの化学式はNH3です。つまりNH3が燃焼しても発生するのはN2(窒素)とH20(水)だけです。よって、アンモニアを燃料として電力などのエネルギーを取り出すことができればカーボンニュートラル実現に向けて大きな一歩になると期待され始めたことで注目が集まりました。そもそもアンモニアといえば、臭くて、水によく溶けるとしか学校で習わなかったので、燃えるとと言うことすら知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ水素ではなくアンモニアなのか?

CO2を出さない燃料といえば水素があるじゃないかと思った方もいるとおもいます。実は水素も確かにカーボンニュートラル実現に向けては重要な役割を果たすのですが、水素にも問題点があります。よくアンモニアと比較されるのは水素を運ぶのは効率が悪いと言う点です。水素をガスでそのまま運ぶのは効率が悪いので、なるべく小さくして一気に運びたいのですが、実は同じ体積当たりから取り出せるエネルギー量が水素の方がアンモニアより小さいのです。すなわち同じくらいに圧縮したら輸送のコストなどを考えるとアンモニアの方が安くたくさんのエネルギーを得ることができるのです。また圧縮ではなく、液体にする方法もあるのですがアンモニアは常温で少し圧力をかけてあげれば液体化するのに対して、水素は-260℃まで温度を下げなければなりません。さらに輸送中もこの温度を保つ必要があるので結局またコストがかかってしまうため、水素ではなくアンモニアが注目され始めているのです。

スポンサーリンク

アンモニアも課題は山積み

アンモニアにも多くの課題があります。まずアンモニアはとても燃えにくい性質を持つので燃焼させるのも簡単ではありあせん。またアンモニアをどこから持ってくるのか?またどうやって作るのか?(アンモニアを作るのにCO2が出ていては元もこもない)さらには、刺激臭もあるため安全性に関する心理的なハードルやルールをどうクリアしていくか。。。課題は山積みです。

スポンサーリンク

国が推している政策なので、アンモニア関連企業株を投資先に選ぶのは○

国が推している政策とあればこれからどんどん予算が投入されることが予想つきます。そこでアンモニア関連の技術開発をしている企業に投資するというのはとても理にかなった投資と考えられます。パッと思いつくのは、三菱商事がアンモニアを海外で安く作って日本に運び込もうとしていたり、IHIや三菱重工はアンモニアを燃料としたガスタービンの開発をしているようですね。私が個人的に面白いなと思っているのは、中外炉工業のアンモニアバーナーです。中外炉工業に関しては今度、記事を書いてみようと思っています。

↓中外炉工業の株価分析記事追加しました〜!

[長期投資で化けるか!?]アンモニアバーナで注目!中外炉工業の株価分析

スポンサーリンク

スポンサーリンク