人気飲食店運営!DDホールディングスの株価分析

投資銘柄情報

今回は私が地元名古屋でよく利用させて頂いている飲食店を運営するDDホールディングスの株価について解説します。

スポンサーリンク

DDホールディングスは人気飲食店を運営!

DDホールディングスは飲食店やビリヤード、漫画喫茶などを運営する東証一部上場企業です。公式HPによると関東・中部・近畿を中心に全国424店舗展開(2021年8月31日現在)しており、近年急激に成長を遂げている企業の一つです。

*DDホールディングス公式HPより引用 https://www.dd-holdings.com/situation/

私も地元名古屋でよくDDホールディングスさんの飲食店を利用しています。値段は少々高めですが、確実な美味しさと非日常だがくつろげる空間を楽しめるため、大切な友人や恋人と利用する際に重宝しています。実際にDDホールディングスが運営する飲食店「小料理バル ドメ 名古屋駅店」に伺った際の記事も下記にありますので、興味のある方はぜひ、ご一読ください!

小料理バル ドメ(名古屋駅から徒歩7分)で乾杯

売上高・利益:ともにコロナ禍でやはり厳しい

さて、まずは2021年9月1日現在公表中の業績は下記の通りです。

*DDホールディングス公式HPより引用 https://www.dd-holdings.com/ir/highlight/

売上はコロナ禍の影響を受けて、大幅にダウンしてしまったようです。また、何より気になるのが経常利益・純利益が大きく赤字に振れてしまっていることです。コロナ禍の前までは順調に成長を続けていただけにどうしても目がいってしまいます。22年度1Qの純利益もすでに赤字となっています。

スポンサーリンク

現在の株価:コロナ禍から全く回復していない

現在の株価は下記の通りです。2021年9月1日の終値で458円とコロナ流行前の1/3以下にまで減少しています。そして株価トレンドも下降トレンドと特に買いたくなる兆候が見えていません。

スポンサーリンク

今後:ファンとしては期待したい銘柄だが、、投資としてはリスク高めか

DDホールディングスの運営する飲食店自体は個人的にかなり好みでとても良い店が多いと感じていますので、個人的には株を購入して応援したい気持ちがあります。しかし、株価も明確な下降トレンドであり、赤字も相当に膨らんでいるためどうしても買うにはリスクが高いと感じてしまいます。また特に私が気にしているのは、21年度の自己資本比率がマイナスになっているためかなりリスクが高いのではと考えます。コロナが早く終息して、一刻も早く業績が回復することを祈るばかりです。

*DDホールディングス公式HPより引用 https://www.dd-holdings.com/ir/highlight2/
スポンサーリンク
スポンサーリンク