快活CLUBの運営会社はどこ?今後の業績・株価は?

投資銘柄情報
スポンサーリンク

快活クラブの運営会社を調べてみよう!

快活CLUBの運営会社はスーツで有名なあの企業!?

快活CLUB運営会社の親会社はスーツの「AOKI」でお馴染みの「AOKIホールディングス」

快活CLUBを運営しているのは、株式会社快活フロンティアという会社でした。少し、調べてみると、親会社は、紳士服で有名なあの「AOKI」を展開しているAOKIホールディングスでした。AOKIホールディングスは1958年に長野県で洋服屋として創業し、1989年に東証二部に上場し、1991年には東証一部に上場しています。現在は3つのグループ企業を束ねる持株会社となっています。

カラオケ・フィットネスクラブ、ブライダルまで幅広く展開

AOKIホールディングスは下記の通り3つのグループ会社がそれぞれの事業を展開しています。

  • AOKI ・・・紳士服などの服飾品を販売する「AOKI」『ORIHICA」などの店舗を展開
  • アニヴェルセル・・・ゲストハウスウェディングスタイルの挙式、披露宴会場などを運営
  • 快活フロンティア・・・漫画喫茶「快活クラブ」、カラオケ「コート・ダジュール」、フィットネスクラブ「FIT24」を運営

街に繰り出せば、見かけない店舗がないくらいに見慣れたブランドが多いのではないでしょうか?最近では、フィットネスクラブ「F IT24」と「快活CLUB」を併設した新業態が話題になったのは記憶に新しいですね。

私も最近「快活クラブ」に伺ったのでそのレポートを見たい方は下記の記事を一読ください。

お盆連休初日は快活CLUBでまったり

スポンサーリンク

AOKIホールディングスの業績・株価を確認

AOKIホールディングスの業績はコロナの影響もあって苦境

公式HPを確認すると、売上高は2019年3月期まではほぼ横ばいしたが、新型コロナの影響もあり、2020年3月期、2021年3月期は徐々に売上高は減少しているようです。2021年の親会社株主に帰属する当期純利益はー120億円の赤字となっており、苦しい状況が続いているようです。

*AOKIホールディングス公式HPより引用 https://ir.aoki-hd.co.jp/ja/ir/finance/businesshighlights.html 

セグメント別の営業利益または営業損失を見てみよう

ファッション事業はかろうじて黒字ではあるものの、やはりコロナの影響で冠婚葬祭やイベントが減少したことでファッション事業の営業利益はコロナ前の20%程度まで落ち込んでいるようです。売上の半分をファッション事業が占めているためこの減少はかなりの痛手と言えるでしょう。さらに注目すべきはウェディング事業や、カラオケなどを含むエンターテイメント事業は大きく赤字となっています。

*AOKIホールディングス公式HPより引用  https://ir.aoki-hd.co.jp/ja/ir/finance/segment.html
スポンサーリンク

AOKIホールディングスの株価推移(2021/8/17時点)

2021/8/17時点の終値は621円となっており、直近は大きな値動きはなさそうです。コロナ流行前に比べて40%程度株価は下落しています。

スポンサーリンク

AOKIホールディングスの将来性は?

コロナ流行が収束し、売上が回復すれば株価は元に戻るかも

今回、調査してわかったのはAOKIホールディングスのビジネスモデルはとことんコロナの影響を受けやすいビジネスモデルだったことが分かります。現在は、売上も利益も苦戦していますが、コロナが収束すれば、カラオケ・漫画喫茶などのエンタメ事業や、ウェディング事業は業績回復の見込みがあると考えられますので売上・利益がコロナ前の水準に戻れば株価は1000円程度まで回復する可能性があります。

個人的にはAOKIホールディングスは今は買わない

コロナが収束すれば株価回復の見込みもあります。しかし、コロナの前の主な経済指標を見たときに、利益率が7%前後とやや低めであることやROEが低いことを考えると、私個人としては、元々魅力的な投資先にはならないかなと思います。また昨今の自由な服装での働き方や、無駄を省いた最小限の結婚式が流行つつある状況では、なかなか投資もしづらいというのが、現状です。またRSIもそこまで低いわけでもなく、MACDも下降トレンドを示しているので短・中期投資にも向いていないように感じます。

スポンサーリンク