2021年3月のおすすめ優待

投資銘柄情報

3月は決算月なので、優待をもらえる企業が多いです。そこで今回は、私が見つけた3月に権利確定するおすすめの優待を投資金額別にご紹介したいと思います。

今回は手の届きやすい投資金額20万円以内でもらえる優待に注目してみました。

投資金額〜10万円の銘柄

・極楽湯ホールディングス(2340) 必要金額33,200円(2021/3/5時点)

スーパ銭湯で有名な極楽湯・RAKU SPAの運営会社です。100株以上で入浴無料券を4枚もらえます。近所に極楽湯がある方にとってはかなり魅力的なのではないでしょうか?

・銀座ルノワール(9853) 必要金額84,000円 (2021/3/5時点)

喫茶室ルノワール、ニューヨーカーズ・カフェなどのカフェ運営会社です。100株以上で1000円相当の飲食券がもらえます。コーヒー約2杯分が無料になるのは、カフェによく行く方であれば嬉しいですね。

・伊予銀行(8385) 必要金額62,900円(2021/3/5時点)

愛媛県松山市に本店を構える銀行です。伊予銀行の優待は、愛媛の特産品をプレゼントしています。100株では今治タオルがもらえます。

投資金額10〜20万円の銘柄

・雪国まいたけ(1375) 必要金額184,300円(2021/3/5時点)

みなさんご存知の雪国まいたけです。きのこって本当においしいですよね。3000円相当のまいたけ等の自社製品がもらえます。東証1部上場で潰れにくいところも安心できますね。

・宝ホールディングス(2531) 必要金額145,700円(2021/3/5時点)

有名な宝酒造を傘下に持つ企業です。焼酎として定番の一刻者や馴染みのタカラ缶チューハイを商品として展開している企業になります。この会社は100株で1000円相当の酒類の詰め合わせか調味料詰め合わせを選ぶことができます。また、優待を受け取らずに社会貢献活動に寄付するという選択もできます。

・エディオン(2730) 必要金額114,400円(2021/3/5時点)

家電量販店大手のエディオンです。100株以上で3000円相当の自社ギフトカードをもらえます。近く家電を購入する予定がある方は、ギフトカードをもらうために一時的に投資をしてみても良いかもしれませんね。

いかがでしたか?意外と身近な企業が優待を出していることに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?株を購入する際は、配当利回りや売却益をだけでなく優待も考えて購入するのもありだと思います。

スポンサーリンク